NURO光の実際の速度はどれくらい出るか検証した結果

NURO光の実際の速度はどれくらい出るか検証した結果

NURO光利用中の私がNURO光のスピードを検証

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

nurononu

 

このブログで私自身はスピードにはそこまでこだわっておらず普通にネット接続をする分には、実効速度(実際のスピード)で20Mbps出れば十分と再三書いています。

 

ただ、以前某インターネット回線の営業をしていた時に一番よく聞かれた質問が、「スピードはどれくらい出るの?本当に早くなるの?」でしたので、インターネットを新しく契約する方のスピードに対する関心の高さは理解しているつもりです。

 

また、プレイステーションのゲームなど5GBクラスの重いファイルをダウンロードする場合は、スピードの差がダウンロード時間の差としてもろに出ます。実際にゲームをする時も回線品質(Ping値)が悪いとラグが出たりしますし。。

 

そこで、このページでは私の自宅でのNURO光回線のスピードなどを公開しながら、「NURO光の実際のスピードはどのくらい出るのか?」についてまとめてみました。

 

 

NURO光の実測値(実際の速度)の検証

 

実測値のデータ

 

まず私の家では有線接続でダウンロードで887Mbps、アップロードでも825Mbps出ました。また、私の業務で使うためNURO光を使っている人にクラウドソーシングを使って有料でアンケートを集めたのですが、集まったアンケートは23件。ダウンロード速度の平均は485.5Mbpsでした。

 

ちなみにアンケートの中で最高速度は934Mbps、最低速度は24Mbpsでした。その他に実効速度のデータとしては、NURO光の公式サイトがスピードを測定するツールを提供しており、その結果を一覧にして公開しています。

 

nurosokudo

※上りはアップロード、下りはダウンロードの事です。
ネットサーフィンなど情報を受け取る作業はダウンロードのスピードとなり、アップロードはメールやファイルの送信、Facebookやインスタグラムへの投稿の時のスピードです。

 

 

最高速度に大きな差が出た理由

 

気になった方もいるかと思いますが、私のアンケート結果もNURO光の公式HPが公開しているデータもスピードに大きな差があります。この理由はだいたいが以下のどれかです。

 

1、有線接続か無線接続か
2、利用している時間帯
3、集合住宅か一戸建てか
4、パソコンや配線(無線ルーターやハブ)に問題がある
5、使っているスピードチェックのサイト

 

誤解をしている方が多いのですが、インターネット回線は上にあげたような利用環境で大きくスピードに差が出ます。

 

特に、集合住宅(マンション、アパート)ですと、その建物内で利用者が多いほどスピードが落ちる事が多いです。下のイラストのように、1つの回線を利用者で分けるため、利用者が増える時間帯はスピードが落ちますし、逆に利用者が少ない午前中等は比較的スピードが出ます。

 

集合住宅でのインターネット速度

 

また、今回私のアンケートではスピードチェックをするサイトを限定したのですが、どのスピードチェックサイトを使うかで測定結果が全く変わります。下の画像はスタバのWi-Fiのスピードを同じ時間に2つのテストサイトで測ったものですが、上りのスピードに差が出ています。

 

スピードテストの結果

 

測る人の環境やスピードテストサイトで差が出るため

WEB上でNURO光は900Mbps出たので超おススメと言う人もいれば、逆に30Mbpsも出ないで不満の口コミをする人がいるのは自然なことです。ですので、インターネットのスピードに関しては、1つのブログのレビュー記事だけで判断せず、サンプル数が多かったり信憑性が高い調査機関のデータを参考にするといいかと思います。

 

例えば、RBB(スピード測定ツールを出している会社)が自社サービス利用者の実測値の平均を発表する「RBB SPEED AWARD」の結果は、サンプル数も500万件程度と十分です。私はこれを見てスピードを判断する事にしています。RBB SPEED AWARDの結果

 

私自身のNURO光の実際のスピードに対する評価

 

一言で言えば満足です。実効速度も他の光回線と比べて早いですし、回線自体はフレッツ光と同じですので信頼感があります。

 

以前はau光ギガ得を使っていましたが、au光ではカタログ値1Gbpsに対して実効速度はいいとこ100Mbpsでしたので、実測値で800Mbps前後出るNURO光の回線品質は高いように思います。その理由は転送方法の違いなどがあるのですが、そこは話が長くなるので割愛します。

 

ただ、au光の時と比べてネットサーフィンをする際の体感速度はほとんど変わっていません。私がスピードにはさほどこだわらなかった理由

 

個人的にはNURO光の最大の魅力はコストパフォーマンスの良さだと思います。

 

具体的には、実測値800Mbps近く出る回線でありながら、月額料金がフレッツ光やau等、他社の光回線より安いことです。申し込む際にキャンペーンを使えば別途、3万円のキャッシュバックをつけられるため、さらに利用料金を落とせるという事が導入の1つの決め手になりました。

 

インターネット回線では、申し込み時のキャンペーンを比較してどこから申し込むかを決める事が鉄則ですのでキャンペーンの調査には時間をかけました。

 

実効速度を上げるためにできること

 

特にオンラインゲームをする方や、FX等の注文を頻繁にする方、オンラインストレージに大容量のファイルを転送する方など、いわゆるヘビーユーザー層にとってはスピードの速さが作業効率にダイレクトに影響します。

 

そういう方はネットリテラシーが高い方が多いので「知ってるよ」と言われそうですが、スピードを上げるためにできる事をいくつか挙げてみます。

 

1、有線接続(イーサネット、ローカル接続)にする

 

一般的に無線接続より有線接続の方がスピードが出ますし、ネットの安定感も増します。

 

特に、NURO光の場合、付属のONUでは450Mbpsまで(2017年現在は1300Mbpsまで)対応していませんので、それ以上のスピードを求める場合、有線で接続するいいでしょう。ONUと一緒に有線ケーブルが同梱されています。NURO光の工事で設置されるONUの種類とスペック

 

2、利用中のパソコンをチェック

 

スピードが遅いとクレームを入れてくる方で割と多いのが、使っているパソコンや配線に問題があるパターンです。

 

例えばセキュリティソフトが常駐(常に起動)していたり、重いソフトが起動する設定になっている事がよくあります。この場合は、まずタスクマネージャーなどでメモリを食っているソフトがないかを確認して、あればそれを切る事でスピードが断然速くなったりします。

 

また、不要なプログラムやスパイウエア等は削除してパソコン自体を軽くします。その他、効果はそこまでありませんが、定期的にパソコンのメンテナンス(クリーンアップとシステムのデフラグ)などをしておくといいでしょう。

 

配線周りでは性能の低い(100Mbpsくらいまでしか対応してない)無線ルーターやハブを使っていると当然100Mbps以上のスピードは出ません。NURO光が工事の際に設置するONU(光終端装置)は、無線ルーターの役割もできますのでそれを使えば配線周りでスピードを落とすことはなくなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

NURO光に申し込む前にキャンペーンを細部まで確認したい理由

NURO光はプロバイダのSo-net以外の販売チャネルから申し込む事ができます。

それぞれキャンペーン(主に)キャッシュバック金額が違います。また、キャッシュバックを受け取るために必要な条件や、オプション契約等もあります。

キャッシュバック金額で申し込み先を決めてに契約をすると、大きな失敗につながる事がありますので、私は各申し込みチャネルのキャンペーン特典と受取条件等を最初に確認する事にしています。

NURO光 申し込み先別のキャンペーン特典と受取条件一覧表と注意点

ホーム RSS購読 サイトマップ