NURO光とフレッツ光を4つのポイントで比較

NURO光とフレッツ光を4つのポイントで比較

NURO光 VS フレッツ光 4番勝負

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

nurotoflets

 

自宅に引く光回線は今まではフレッツ光でほぼ決めていたのですが、同じNTT回線でスピードが速くなるNURO光が出たので比較検討した結果、私は試しにNURO光を契約しました。

 

このページでは、その時に調べた内容や、実際にフレッツ光とNURO光の両方を使ってみた感想を交えて4つの視点で比較しています。

 

実際に、電気屋などで聞いてもフレッツ光とNURO、どちらがいいか悩んでいる方は多いようですので、参考になればと思います。

 

1、回線速度
2、月額利用料金と2年間のトータルコスト
3、サービス提供エリア
4、キャンペーン内容の手厚さ

 

なお、フレッツ光は一番早い超高速プラン「フレッツ光ネクストギガスマートタイプ」・一戸建ての場合で統一して比較しました。

 

 

1、回線速度

 

 

ダウンロード

アップロード

NURO光 最大2Gbps(2,048Mbps) 最大1Gbps(1,024Mbps)
フレッツ光 最大1Gbps(1,024Mbps) 最大1Gbps(1,024Mbps)

 

【結果】 NURO光の勝ちか


 

表の数値はいずれもベストエフォート値です。当然ですがどちらの回線も、ベストエフォート値が出る事はまずありません。また、特にマンションだと利用者数(その時の回線の混雑度合)によってスピードが変わってきます。

 

私は一戸建てで利用していますが、実際のスピードをスピードチェッカーで調べると数字上の速度はNURO光が早いです。ただ、仕事をする中でスピードの違いにストレスを感じた事はどちらもありません。NURO光を使って実際の速度はどれくらい出るか検証した結果

 

実際使ってみた感じでは、NURO光に変えて大きな変化があったようには感じませんが、数字上は、データをアップロードする速度は同じ、データをダウンロードする速度はNURO光のほうが早い。そのため、NURO光の勝利とします。

 

 

2、利用料金(2年間のトータルコストで比較)

 

  契約料金 月額 工事費 主なキャンペーン
NURO光(戸建て) 800円 4,743円

40,080円
キャンペーンで無料

工事費無料
キャッシュバック

フレッツ光(戸建て) 800円

5,700円+
プロバイダ料金

18,000円
分割払い

2年契約で月額割引

 

フレッツ光(マンション) 800円

4,350円+
プロバイダ料金

15,000円
分割払い

2年契約で月額割引

 

 

【結論】 2年間の利用料金の合計額ではNURO光の勝利


 

※備考
1、フレッツ光のプロバイダの月額料金はは780円〜1,200円です。NURO光はプロバイダ(So-net)料金込みで4,743円です。NURO光の月額料金と工事料金(一戸建て、5階以下の集合住宅)

 

2、フレッツ光のキャンペーン内容はここ数ヶ月で何度か変わっています。以前は工事費が実質無料の時期もありました。また、フレッツ光のプロバイダが独自にキャッシュバックや月額無料などのキャンペーンを行っています。

 

3、NURO光は申し込み先によってキャッシュバック金額、受取条件に差があります。
NURO光のキャッシュバック料金と注意点等

 

4、フレッツ光、NURO、共に光電話があります。月の基本料金は共に500円です。
NTTとNUROのひかり電話の比較

 

 

3、キャンペーン内容の手厚さ

 

【結論】 キャンペーンの選択肢はフレッツ光、キャンペーン特典の質はNURO光


 

まず、前提としてフレッツ光は、フレッツ光が行っているキャンペーンと、フレッツ光のプロバイダ、さらにプロバイダの下の代理店(家電量販店含む)が行っているキャンペーンがあります。NURO光の場合は、プロバイダがSo-netのみとなり代理店の数もフレッツ光ほど多くありません。

 

キャッシュバック金額の大きさから、インパクトとしてはフレッツ光(プロバイダや代理店のキャンペーン)のほうが大きいものの、フレッツ光のキャッシュバックは最大〇万円など条件付きの総額表記となっています。

 

フレッツ光のキャンペーンは細部までしっかり確認すべき

 

例えば、パソコンと同時購入や、ひかり電話をはじめとしたネット回線以外のサービスや有料のオプション等を契約しないと最大キャッシュバック金額に到達しないことや、キャッシュバックの申し込み期間が1ヶ月と極端に短い代理店も存在します。

 

また、フレッツ光の場合は基本的に初期工事費(18,000円〜)が実費でかかります。NURO光の場合、2年契約を条件にキャンペーンを使って実質無料にできます。NURO光の工事費に関する詳細、注意点はこちらにまとめました。

 

フレッツ光は、選べるキャンペーンの選択肢が多い代わりに、しっかり探さないと損をする事やキャンペーン受取の条件が複雑です。私自身も以前にフレッツ光を契約した際に10社以上のプロバイダ、代理店を検討しましたが、NURO光の条件なしでキャッシュバック3万円よりいいキャンペーンはありませんでした。

 

過去にあったフレッツ光のキャンペーンの例
  • 新規申し込み最大60,000円キャッシュバック
  • 学生/引っ越しで10,000円キャッシュバック
  • 月額利用料金最大15,000円割引
  • 月額利用料金2か月無料キャンペーン
  • にねん割
  • プロバイダ利用料金2か月無料

<キャンペーン受取条件の例>

  • 申し込みプランやひかり電話の申し込み有無等によってキャッシュバック金額が変動
  • キャンペーンサイトからの申し込みもしくは電話での受付窓口からの申し込みの場合のみ
  • 申し込み受付時にキャンペーンコードの申請が必要
  • 申込日から90日以内に開通し、特典受け取りまで継続利用する必要がある
  • 24か月以上の利用を約束する必要がある
  • 申し込み月を含めて10』か月目の1日から末日までにキャッシュバック申請が必要

 

4、サービス提供エリア

 

【結論】 フレッツ光の勝利


 

フレッツ光の利用可能地域

 

東日本と西日本で料金体系が違いますが、全国展開。上り/下り最大1Gbpsの「フレッツ光ネクスト ギガスマートタイプ」は、NTT東日本のエリア内のみのサービス提供。それ以外の地域は下り最大200Mbpsか下り最大100Mbps。

 

フレッツ光の場合、フレッツ光ネクスト(ダウンロード1Gbps)を提供できないエリアがありますので、必ず契約前にどの回線を自分の家で利用できるのか確認してください。

 

 

NURO光の利用可能地域

 

現状、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県のみ(一部地域を除く) どの地域もスピードは同じでしたが、2015年6月より一部地域で下り最大10Gbpsのサービスを開始。10Gbpsのプランは月額9800円。

 

正直、10Gbpsと聞くとインパクトはありますが、普通にネットサーフィンする分には2Gbpsも10Gbpsも体感速度に差はないと思います。月額も5,000円以上上がりますのでこのサービスはどうなんだろう。。

 

 

総合的に見た結論

 

フレッツ光と比べてNURO光の方が、スピードが速く、料金が安い、キャンペーンも充実していますので、私が出した結論は、NURO光のサービス提供エリア内であればNURO光、そのほかのエリアの場合はフレッツ光です。

 

ですので私自身も試してみる意味合いで今はNURO光を使っています。

 

ただし、NURO光がフレッツ光と比べて万能かと言えばそうでもなかったりします。私自身は不便を感じた事はありませんが、オンラインゲームをやっている際にNURO光は時々断線するなども聞きます。NURO光の悪い評判

このエントリーをはてなブックマークに追加

NURO光に申し込む前にキャンペーンを細部まで確認したい理由

NURO光はプロバイダのSo-net以外の販売チャネルから申し込む事ができます。

それぞれキャンペーン(主に)キャッシュバック金額が違います。また、キャッシュバックを受け取るために必要な条件や、オプション契約等もあります。

キャッシュバック金額で申し込み先を決めてに契約をすると、大きな失敗につながる事がありますので、私は各申し込みチャネルのキャンペーン特典と受取条件等を最初に確認する事にしています。

NURO光 申し込み先別のキャンペーン特典と受取条件一覧表と注意点

ホーム RSS購読 サイトマップ