NTTアナログ回線からNUROのひかり電話に変えるメリットとデメリット

NTTアナログ回線からNUROのひかり電話に変えるメリットとデメリット

NTTのアナログ電話からNUROのひかり電話に変えるメリットと注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

まず前提として、NTTアナログ電話からNUROのひかり電話に切り替えても同じ番号(MNP)で使う事ができます。ただし、引っ越しなどで市外局番が変わる場合は当然電話番号も変わります。

 

最近では「家で事業をするのに、FAX番号と固定電話の番号をそろえておきたい」といったかたちで固定電話を検討する方もいるようです。しかし一方で、NTTのアナログ回線をやめ、インターネットの光回線と併せて利用できる、ひかり電話に乗り換える方も増えているようです。

 

乗り換える方が多いということは、メリットがあるわけですが、一方でデメリットや注意すべきポイントもあります。NTTのアナログ回線からNURO光でんわに乗り換えることで、どのようなメリット・デメリットがあるのかを簡単にまとめてみました。

 

NTTのアナログ電話からNURO光に切り替える際の電話加入権の停止、復活についてはこちらのページにまとめています。1分でわかる・MNPに必要なNTT加入権の休止、復活の方法

 

 

NTTのアナログ回線からNURO光でんわに乗り換えるメリット

 

1、月額の基本料金と通話料が安い

 

ひかり電話に切り替える最大のメリットがこれです。
NTTアナログ回線の毎月の基本使用料は、東京や横浜などの3級取得所で在宅用・プッシュ回線を利用すると、月額1,700円。一方、NURO光でんわは、月額料金は500円です。

 

電話回線 月額 通話料金(固定電話 市内) 通話料金(固定電話 市外) 通話料金(携帯)
NURO光 500円 7.99円(3分) 7.99円(3分) 20〜25円(1分)
NTTアナログ 1,700円 8.5円(3分) 〜160円(3分) 16円(1分)

 

通話料はNTTアナログ回線の場合、固定電話同士の通話の場合、市内ならば3分8.5円、60km以上遠方にかけると、昼間は45秒で40円かかります。

 

一方、NURO光でんわは、国内の一般電話であれば、一律3分7.99円ですが、携帯にかける際はNTTより高くなります。ただし、ホワイトコール24を申し込んでいれば、ソフトバンクの携帯への通話は無料になります。

 

基本料金、通話料共にNUROの光電話の方が安いため、
電話を多くかける方でも、あまり電話をかけない方でも、ひかり電話を利用した方が1ヶ月の電話にかかるコストは安くなります。

 

ネット契約と併せて考えると

 

インターネットと電話を両方契約している世帯の場合、毎月の月額は以下のようになります。

 

(ADSL)

月額

ネット料金

ネットの速度

合計料金

NURO光

500円

4,743円
プロバイダ料金込

ダウンロード最大
2GB(2048Mbps)

5,243円

NTTアナログ

1,700円

3,340円
+プロバイダ料金

ダウンロード最大
47Mbps

5,040円
+プロバイダ料金

 

※ADSLのプロバイダ料金は700円〜1,200円前後です。
NURO光は月額4,743円にプロバイダ(So-net)の料金が含まれています。

 

前述したとおり、通話料もNUROの方が安くなるため、利用料金やインターネットのスピードまで考えると、NURO光にまとめた方がメリットがあります。

 

また、ADSLに関してはNTTが2016年6月以降は新規加入を受け付けない旨を発表しています。

 

NUROのひかり電話はインターネット回線をNURO光で申し込んでいる事が前提となるため、インターネットを使わない世帯はNTTのアナログ電話を使った方がいいでしょう。ネットを含めてNURO光に乗り換える際は、申し込み時にキャッシュバックなどのキャンペーンを上手に利用したいところです。

 

NURO光の申し込み先別キャンペーン一覧

 

 

2、電話とネット料金の請求書(支払先)が1つにまとまる

 

最近は、請求書もペーパーレスになり、いまいち何にどのくらい払っているか把握しきれないまま漫然と毎月の固定コストを支払っている方も多いと思います。

 

NTTアナログ回線の固定電話を使っている場合、利用する回線やプロバイダによっては、各社がそれぞれに料金を請求する(複数社から請求書が来る)ため、毎月の電話とネットのコストを把握しにくくなります。

 

一方、NURO光でんわにすることで、電話・ネットの請求がまとまるので、毎月のコストも把握しやすくなります。

 

ちなみにフレッツ光もひかり電話のサービスがあります。NURO、フレッツ光共に同じNTTの回線ですが、どちらかで悩んでいる方は参考にしてみて下さい。NURO光とフレッツ光を4つのポイントで比較

 

 

NTTアナログ回線からNURO光でんわに乗り換えるデメリット(注意点)

 

1、停電時にはNURO光でんわを利用できない

 

これは、NURO光に限らず光電話すべてに言えることですが、停電になると、NURO光でんわは通話できなくなります。

 

震災のことはまだ記憶に新しい方も多いと思います。あの時は関東でも輪番停電などの対応も行われたりしました。また、台風などの影響で数千世帯レベルの停電が起こることもあります。

 

一方、アナログ回線では停電時でも微弱ですが、電話線から電気を拾う事ができるため通話はギリギリできたはずです。

 

ただし、電話機の電源を外部から取ってきている場合は、アナログ回線でも停電時の通話はできない可能性が高いです。思わぬ災害のときの緊急連絡用として考えるのであれば、現在利用している電話機が、停電していても使えるかどうかをチェックすることをオススメします。

 

 

2、ナンバーディスプレイなどのオプションに工事費がかかる

 

基本料金が安い代わりに、NURO光でんわは、オプションをつける際に工事費1,000円がかかります。電話オプションと言えば、相手の電話番号が電話機に表示されるナンバーディスプレイを利用している方も多いと思います。

 

例えばこのナンバーディスプレイ、NURO光でもNTTのアナログ回線同様の月額400円で利用できるのですが、初回に工事費が1,000円かかります。

 

NURO光の場合、電話オプションにも工事費が1,000円かかる分、申し込み時に3万円のキャッシュバックがつくキャンペーンを行っています。また、基本料金、通話料金共にNTTアナログ回線より安いため、料金で考えるのであればNUROの光電話の方に軍配があがりそうです。NURO光 キャッシュバックキャンペーン詳細

 

追記:2016年9月現在は、電話のオプションにパックプランができていてそれに申し込むとオプション工事費はかかりません。オプションを複数つける予定の方はパックプランに入った方がコスパが良くなります。

 

NURO光の主な電話オプション
オプション名 月額 工事費 内容
番号表示サービス 400円 1,000円 NTTのナンバーディスプレイ
番号通知リクエスト 200円 1,000円 NTTのナンバー・リクエスト
非通知の着信に対して番号通知をONにするよう
音声ダイアルが流れる
キャッチ電話サービス 300円 無料 NTTのキャッチホン
着信転送サービス 500円 無料

NTTのボイスワープ
かかって来た電話を指定の番号に転送する

 

NURO光の主な電話オプションのパックプラン

 

nurodenwaoption

 

 

NURO光電話の解約方法

 

NURO光の電話サービスを解約する場合の処理は、電話番号を継続利用したいかどうかで2種類に分かれます。

 

電話番号を継続利用したい場合

 

この場合、NURO光のインターネット契約を解約する前に、NTTに連絡をしてNTTに電話番号をいったん戻す工事をする(加入権を復活させる)必要があります。NTT加入権の復活とは?

 

NURO光の電話を契約していて、他社に電話番号を移す(ナンバーポータビリティー)する場合は、NTTの工事が済みNTTに電話番号が移ったタイミングでNURO光のネット、電話両方の解約となります。

 

ただし、NURO光で発番した電話番号は、他者にナンバーポータビリティーできませんのでNURO光を解約すると消滅します。NURO光で利用している電話番号が不要な場合は、通常通りインターネット契約を解約すると電話の契約もなくなります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

NURO光に申し込む前にキャンペーンを細部まで確認したい理由

NURO光はプロバイダのSo-net以外の販売チャネルから申し込む事ができます。

それぞれキャンペーン(主に)キャッシュバック金額が違います。また、キャッシュバックを受け取るために必要な条件や、オプション契約等もあります。

キャッシュバック金額で申し込み先を決めてに契約をすると、大きな失敗につながる事がありますので、私は各申し込みチャネルのキャンペーン特典と受取条件等を最初に確認する事にしています。

NURO光 申し込み先別のキャンペーン特典と受取条件一覧表と注意点

ホーム RSS購読 サイトマップ