au光を解約してNURO光に乗り換える手順と注意点

au光を解約してNURO光に乗り換える手順と注意点

au光を解約してNURO光に乗り換える手順と注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

auひかり 乗り換え

 

このページでは私自身が、auひかりからNURO光に乗り換えた際にわかったauひかりの解約のタイミングや、注意点などを中心に書いています。詳しくは後述しますがauひかりは解約のタイミングを間違えると取り返しがつかない事になりかねません。

 

auひかりに限らずインターネット回線の乗り換えは、既存回線の解約のタイミングや手順に気をつける必要があったり、携帯電話と同じように解約時の料金などの注意点もあります。

 

私の場合はNURO光への乗り換えでしたが、NURO以外の他の回線への乗り換えであっても、auひかりの解約時のタイミング等は同じですのでauひかりを解約して他のネット回線を入れる方には参考になると思います。

 

私がNURO光に乗り換えた理由

 

 

auからNURO光への乗り換え手順

 

解約のタイミングは要注意 その理由

 

au光を解約するタイミングを間違えると、インターネットが使えない期間ができたり、auの解約手数料がかかったりします。また、auの光電話を使っている方は解約のタイミングを間違えると今使っている電話番号が消滅する可能性があります。

 

au光はインターネットのオプションとして電話契約がついているため、インターネットを解約すると、電話契約も自動解約⇒電話番号消滅となります。

 

ですので、auひかり電話を使っていて、MNP(今使っている電話番号をNUROやNTTに移す)ためにはNURO光の工事が完成し、電話回線が開通した後にau光を解約する必要があります。

 

auひかり 解約のタイミング

※NURO光の工事が完了した月の月額は無料ですので、au光とNURO光の両方から月額を取られる期間は発生しません。

 

それを踏まえた乗り換えの手順

 

1、au光ギガ得プランの更新月の前月から月初位までにNURO光に申し込む
2、NURO光の工事の予約を取る
3、NURO光工事完了
4、NURO光の電話回線開通が確認できてから、au光 ギガ得プランを解約
5、au光のプロバイダを解約

 

2番のNURO光の工事予約は、au光の契約更新月の中旬までにはいれた方が無難です。NURO光の工事は2段階ですし、下旬に集中する事が多く、工事完了から電話の開通までにタイムラグ((通常は工事完了から1週間以内)があります。

 

もし、工事が月末に予約できず翌月の月初工事となると、au光の解約が(契約更新月)の翌月にずれ込んでしまい、au光の解約手数料と1ヶ月分の月額を余分に払わなくてはいけなくなります。

 

au光解約時の3つの注意点

 

1、auスマホのスマートバリューを受けられなくなる

 

auのスマホを利用している方の中には、au光の回線と併せて「スマートバリュー」を使っている方も多いと思います。auスマートバリューは、対象の固定回線を使っている場合、家族全員のauスマホの料金が、2年間、最大1,410円 or 2,000割引(2015年10月時点)になるというサービスです。

 

インターネットをNURO光に乗り換えた場合、このauスマートバリューが使えなくなります。

 

ただし、NURO光の場合はSoftBankのスマホを利用している方向けに、ホワイトコール24、スマホBB割などスマートバリューと似たような月額割引型のサービスを行っています。

 

 

2、解約手数料に注意

 

au光に限らずですが、ネット回線は基本的に2年ごとの契約(自動更新)となっており、更新月以外で解約すると、契約解除料が発生します。au光の場合、契約解除料は9,500円。

 

契約解除料を支払わずに乗り換えるには、前述したとおり、回線を乗り換える場合はタイミングが大事です。

 

 

3、au光の工事費の割賦の残金を確認

 

au光 ギガ得プランでは、回線導入時(契約)の工事費37,500円が分割払い扱いとなっています。注意が必要なのは、工事費はギガ得の契約期間24カ月ではなく、30ヶ月の割賦払い(30ヶ月利用すると工事費が無料)になるシステムです。

 

ですので、仮にギガ得の契約更新月(契約解除料が無料)である24ヶ月目に解約したとしても、工事料金の割賦金の残金(6ヶ月分)の支払いが生じます。

 

auひかり 違約金、工事費の残債イメージ

 

au光の場合、解約手数料、工事料金の残額の両方を払わずに解約できる月は48ヶ月目です。引っ越し等もありますし、同一サービスを4年使うのはたいへんなので、au光を解約する際はある程度の出費は考えておきましょう。

 

また、NURO光は申し込み時に3万円のキャッシュバックをもらう事ができますので、キャッシュバックをau光の解約時にかかった料金と相殺してもお釣りがきます。NURO光の申し込み時のキャッシュバックについて

 

 

私がauひかりからNURO光に乗り換えた理由

 

NURO光とau光(ギガ得)を比べると、NURO光の方がスピードが速く、月額が安いという事で乗り換えている人が増えていると聞きました。私も同じ理由でKDDIのギガ得を使っていたのですが、契約更新のタイミングでNURO光に乗り換えました。

 

NURO光とau光(ギガ得)の料金、スピード等の比較は以下の通りです。

 

NURO光とau光の比較

回線名 工事費 スピード 月額 契約期間 キャンペーン
NURO光

40,080円
キャンペーンで実質無料

下り最大
2Gbps

4,743円
プロバイダ料金込

2年 3万円キャッシュバック等
au光(ギガ得)

37,500円
キャンペーンで実質無料

下り最大
1Gbps

5,000円
+プロバイダ料金

2年 他社から乗換時に違約金を負担等

 

NURO光のキャンペーンに関しては私自身が乗り換えた際に、複数社(販売代理店)に問い合わせをしました。その時の情報はこちらのページにまとめました。
NURO光の申し込み先別キャンペーン状況

 

 

NURO光は工事が2回必要

 

NURO光は、工事が2回必要です。工事日は最初の工事(宅内)は申し込み時に予約、2回目の屋外工事は宅内工事の際に予約すると早いです。

 

また、NURO光の公式ページにも記載があるのですが、同じ地域内で申し込みが多かった場合は工事枠が埋まったりして工事の予約が中々取れない事もあります。

 

ひかり電話も利用している場合は、電話の乗り換えも行うことになります。au光で利用していた電話番号を、そのまま番号ポータビリティで利用する場合、NURO光の電話は、ネット回線が開通してから約1週間後に利用できるようになります。

 

そのため、NURO光の申し込みは、少し早目を意識したほうがうまくいきます。

 

※参考:1分でわかる・MNPに必要なNTT加入権の休止、復活の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

NURO光に申し込む前にキャンペーンを細部まで確認したい理由

NURO光はプロバイダのSo-net以外の販売チャネルから申し込む事ができます。

それぞれキャンペーン(主に)キャッシュバック金額が違います。また、キャッシュバックを受け取るために必要な条件や、オプション契約等もあります。

キャッシュバック金額で申し込み先を決めてに契約をすると、大きな失敗につながる事がありますので、私は各申し込みチャネルのキャンペーン特典と受取条件等を最初に確認する事にしています。

NURO光 申し込み先別のキャンペーン特典と受取条件一覧表と注意点

ホーム RSS購読 サイトマップ